整体について学んでいる男性

今では大人気の整体ですが、いったい整体とはいつ、どのようにしてできたのでしょうか?簡単な歴史を振り返ってみましょう。

起源について

諸説あるようですが、一般的には2000年以上前の中国の推拿(すいな)と呼ばれる手技が、整体の起源ではないかといわれています。推拿も筋肉や骨格などのバランス調整と矯正を目的とした手技療法のひとつです。

アメリカからの影響

1800年代後半になると、アメリカで生まれたオステオパシーという筋肉バランスを整えて骨の位置を正すという手技や、カイロプラクティックの神経系統からアプローチして自然治癒力を高めていく施術法などが紹介されました。

元々、日本に伝わる指圧などに推拿、オステオパシー、カイロプラクティックなどの様々な考え方が融合されて、日本独自の手技による施術方法が生まれたのです。

それが「整体」の始まりだといわれております。
現在の治療は施術者よって全く違う治療が行われています。小田急相模原 整体では、院長みずから一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術を行ってくれるようです。

日本の整体

日本では、整体の祖といわれている野口晴哉氏による野口整体が有名ですが、整体という言葉も野口氏が初めて使ったのではないかとも言われています。

野口氏は昭和18年に「整体操法設立委員会」を立ちあげ、昭和22年には様々な整体法を標準型の整体操法としてまとめ、整体指導者育成のための「整体操法協会」を設立しました。その後、野口整体を学ぶ人達が、整体を広めていくことになります。

現在の整体

整体は国家資格を設けていないため、骨格や骨格筋、または筋肉の歪みを正すという大筋はあるものの、各流派が存在しています。整体師の経験、技術や習熟度などに違いがあるのも事実です。

最近では毎日のようにテレビや雑誌で取り上げられるほど、整体は身近なものとなっております。八王子市 肩こりは、1度の施術で効果を実感できると有名で多数のメディアに掲載されています。

整体というと肩こりや腰痛など色々な症状を治しますが、越谷 整体は、腰痛を専門としており、痛みの原因を改善をするだけでなく、体調も良くなる効果も期待できるようです。

今現在の整体は、新しい海外の整体技術を取り入れるなどして、時代と共に変化し、進化し続けています。

 

投稿日:2017年4月17日 更新日:

執筆者: