知っておきたい知識

保険適用と適用外の治療の違いとは

投稿日:

整体院や接骨院で保険が適用になるのかということや、保険が効くのか効かないのかということについて、疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか?治療院などの保険に関することを説明します。

保険適用になる施設と保険適用について

保険が適用できるのは接骨院や整骨院だけです。整体院では保険適用はありません。その理由としては、接骨院や整骨院は柔道整復師という国家資格を持つ人が施術を行っているからです。

接骨院や整骨院では、病院のように保険適応範囲内の怪我であれば保険が使えます。しかし、医師とは違うのでレントゲンや手術、また薬の処方はできません。

保険適用外の施術に関しては、全て自己負担になります。

例えば、転倒事故で足首を捻挫したとか、スポーツで肩が脱臼してしまったというような場合は保険が適用されますが、肩こりがひどいとか慢性腰痛などの場合は保険適用外なので、全額個人負担です。

保険適用範囲

整骨院や接骨院で保険適用されるのは、骨折、脱臼、打撲、捻挫(肉離れを含む)などの外傷と規定されています。特に骨折、脱臼に関しては、緊急以外は医師の同意を得ることが必要です。

接骨院と整体院の利用方法

身体に違和感や痛み、または怪我を負った場合は、まず病院に行き、病気を特定してもらうことをお勧めします。その後、保険適用できる外傷などならば整骨院や接骨院で治療、施術してもらうという選択肢があります。

また、明らかに打撲や捻挫と分かるような症状の時は、直接接骨院に行って保険適用してもらっても良いでしょう。

外傷が完治したのに調子が悪いという場合は、引き続き接骨院や整体院で全額負担での施術をしてもらうことになります。

-知っておきたい知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

どう違うの?整体とリラクゼーション

街を歩けば、マッサージ、整骨院、カイロプラクティック、整体、リラクゼーションなど、とても多くの治療院やサロンを目にすることでしょう。それでは、整体とリラクゼーションの違いとは何なのでしょうか? 実はど …